< HOME

会員企業技術情報マップ

表形式(Excel版)地図形式(PDF版)

ABOUT

長崎県工業連合会の概要

ごあいさつ

 長崎県工業連合会は、県内企業の相互交流・研さんを深め、個別企業の競争力の強化を図るとともに、県下全域での交流・連携を通じて本県製造業の振興を図ることを目的に、長崎工業会、佐世保工業会、諫早工業会、松浦市工業会の連合体として平成28年3月22日に発足いたしました。

 我々は、全国を先んじる人口減少に直面する本県において、県内の中堅、中小企業が結集して競争力や経営体質の強化による持続的な発展を図るとともに、自治体や関係機関、団体とともに若年者の流出防止と定着促進に取り組むことにより、地域経済活性化の一翼を担って参りたいと考えています。
グローバル化の一層の進展やものづくりにおける情報化など革命とも言われる変革の時期にあって、個々の企業の進化だけでなく企業間、産業間、地域間など様々な連携の力を発揮していくための中核となることを目指して取り組んでまいりますので、皆様のご理解とご協力、ご支援をお願いいたします。

長崎県工業連合会 会長 西 亮長崎県工業連合会
会長 西 亮

組織図

組織図

正会員

正会員名 会長 所在地 電話番号
長崎工業会 梶原 正雄 〒850-8541 長崎市桜町4-1(長崎商工会議所内) 095-822-0111
佐世保工業会 中島 洋一 〒857-0043 佐世保市天満町1-27(県産業振興財団佐世保事業所内) 0956-25-2149
諫早工業会 栗林 宏光 〒854-0016 諫早市高城町5-10(諫早商工会議所内) 0957-22-3323
松浦市工業会 稲沢 文員 〒859-4598 松浦市志佐町里免365(松浦市役所内) 0956-72-1307

役員名簿

役職 氏名 企業名 所属工業会・役職
 会長  西 亮  滲透工業株式会社  長崎工業会顧問
 副会長  梶原 正雄  株式会社新長崎製作所  長崎工業会会長
 副会長  中島 洋一  株式会社富士商工  佐世保工業会会長
 副会長  栗林 宏光  九州ガス株式会社  諫早工業会会長
 副会長  稲沢 文員  株式会社稲沢鐵工  松浦市工業会会長
 理事  阿比留 宏  株式会社日本理工医学研究所  佐世保工業会副会長
 理事  坂根 毅  大阪鋼管株式会社  佐世保工業会副会長
 理事  杉本 潔  日本紙器株式会社  長崎工業会幹事
 理事  髙橋 伸也  久保工業株式会社  長崎工業会副会長
 理事  田頭 愼一  前畑造船株式会社  佐世保工業会副会長
 理事  中野 一英  株式会社NDKCOM  長崎工業会副会長
 理事  本田 郷之  本田商會株式会社  長崎工業会幹事
 理事  前田 一郎  株式会社九州テン  佐世保工業会副会長
 理事  森口 博之  株式会社森口鉄工所  諫早工業会副会長
 理事  山川 利彦  住商エアバッグ・システムズ株式会社  松浦市工業会副会長
 理事  渡邉 貢治  株式会社渡辺造船所  長崎工業会副会長
 監事  福富 卓  株式会社十八銀行  長崎工業会幹事
 監事  山本 利典  西部環境調査株式会社  佐世保工業会監査

会員企業技術情報マップ

当マップは発注先、提携先をお探しの企業の方が、なるべく簡単に目当ての情報に辿りつけるよう考慮して作成しております。

令和2年度 長崎県工業連合会 事業計画

  • 1.県内企業の経営力・技術力の向上に関する事業

    (1)会員企業の共通関心に応える各種セミナー・勉強会の実施

    • 会員企業が直面する経営課題の解決に資するタイムリーなテーマを選定して実施
  • 2.人材確保・若年者の流出対策に関する事業

    (1)企業知名度向上対策

    • BtoB企業が多い県内企業が知名度を上げ就職先に選ばれる企業になるために必要な事業を積極的に実施
    • 教育機関と連携して県内就職を希望する学生の受皿となるために有効な取組
      を実施(学生・生徒の企業訪問、先輩との意見交換、学校での企業説明会の実施 等)
    (2) 教育機関との交流
    • 工業系高校等との意見交換の場を通じて、学校の就職支援状況などの情報を得ると共に互いの抱える課題解決に向けて協議
    • 大学が進める県内就職促進の取組との連携、情報交換及び必要な取組の実施
    • 県外大学に在学中の長崎県出身学生をはじめ工業系学部学生への県と連携した企業説明会等の実施
  • 3.県内交流連携事業

    (1) 会員企業技術プレゼンテーション会の開催

    • 会員企業の持つ自慢や課題の発表を通じて企業連携・相互受発注を促進
    (2) 会員企業・各工業会間の交流拡大
    • 会員企業が持つ技術・製品に直接触れる機会を提供
    • 各工業会同士の相互交流により、互いの特徴ある活動を積極的に取り入れる機会を拡大
    • 会員企業がグループを結成して取り組む研究会等による連携活動を促進
  • 4.県外交流連携事業

    (1) 県外団体・企業との連携

    • 視察その他により県外先進技術や経営手法を研究
    • 他県連合会等との意見交換や他県イベントへの参加
  • 5.情報の収集及び提供並びに行政への施策提言に関する事業

    (1) 工業振興施策に対する提言活動

    • 各地区企業が必要とする要望内容を集約するとともに、人口減少等の社会が抱える課題に対し、県下唯一の製造業企業団体として有益な対策を発信

    (2) 連合会ホームページの運営

    • 連合会活動及び会員企業とその技術情報等の随時の広報

    (3) 支援・助成制度の情報提供

    • 製造業関連に特化した有益な制度の情報を迅速に会員企業に伝達(新年度前の制度説明会等)。
  • 6.その他の事業

    (1) 企業訪問による活動趣旨の浸透及び会員拡大活動

    • 各工業会事務局と連携して企業訪問等を行い、会員企業間の連携・交流を活性化するとともに、非会員企業への個別訪問により会の趣旨を説明して入会を促進

    (2) その他

    • 会員が持つ県内工業振興に有益な事業に対するアイディアを柔軟かつ迅速に実施

令和元年度 事業報告 平成30年度 事業報告 平成29年度 事業報告 平成28年度 事業報告

トップに戻る